FC2ブログ

Nostalgic thing

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

事故ったカウンタック、、chapter 1

今まで人にした事のない話。
ありふれてる上、オチもないつまらない話だから。

せつない話、です。



シーナカリン



たしか80年代の始め頃の事。
ある国のBARで飲んでた。
そのバーは歓楽街の路地にある通りに面したオープンバーだ。

娼婦、酔客、ポン引き、乞食、大人、子供の各種物売り
街で働く人々、物見遊山の場違いな観光客、
雑多な人々がおのおのの理由で行き交っていた。


深夜、店のシャッターも降ろし始め、人も疎らになってきた頃、、


カウンターに置いたマルボーロに女の手が伸びて来た。
スラッとした細い指に、良く手入れがされた長い爪に赤いマニュキア。


娼婦が煙草をねだるのはここではありふれた事。
それを嫌がる客たちは煙草をポケットにしまい込んでいる。
僕ははそれをしなかった。
ひどいと箱ごと持ってかれたりした事もあったけど、
ねだられるのがイヤでしまい込むのも、何だか粋じゃない気がした。
そんなだからいいカモになっていた。


振り返って顔を見る。
ちょっとビックリした。
知った顔だったからだ。
知り合いでもないし、ましてや言葉を交わした事もない。

何故なら、彼女はこの街では指折り派手で目立っていたから。
ストリートを闊歩する姿や、「 らしい、」 科を作った立ち姿は
( 科を作る=なまめかしいしぐさをする )
映画のワンシーンの娼婦みたいだった。

連れだって歩くガタイのいい白人男の意気揚々とした顔ったらなかった。


彼女の分かりやすい突き抜けた感は、
娼婦だらけのこの街でもひと際目立っていた。







だから顔を見た瞬間、頭の中で 「 あっ!カウンタック 」 って思った。
頭に浮かんだのは他のどんな車種でもなく、「 カウンタック 」

それと同時にとても以外にも思った。
白人専門の彼女が、煙草をねだるにしても、
冴えない若い東洋人の僕に声を掛けるなんて
思ってもみなかったから。
でも目的は煙草だろうから、そのまま立ち去ると思った。


「 煙草もらうわ 」
と言って、手に取ったマルボロをくわえた彼女に
気圧された僕は、慌てて火を点けた。

すると以外な事に隣に腰をおろした。

あんた名前は? と聞かれ、彼女も名乗った。
仮にアデューとしよう。

大きな目に大きな黒目で僕の顔をしげしげ見つめる、アデュー。
強めにカールのかかった漆黒のロングヘアー。
褐色の肌に真っ赤なドレスを纏い、
ピンヒールを履いた彼女は
僕よりも遥かに背が高かった。

近くで見る彼女はやっぱりカウンタックだった。
スキなしだ。

流石、売れっ子なだけに立ち居振る舞いも洗練されていた。
無論上品というわけではないけど、
その圧倒的な派手さと隙の無さがネガティブな要素を
凌駕していると言えばいいのか。

半分も吸わずにマルボロは消され、
「 ありがと、また、、 」
と言って、唇の端だけに僅かな笑みを見せ、
通りに消えた。
ゴージャスな後ろ姿もやっぱりカウンタックだ、、なんて思いながら、
アデューを見送った。








今日は面白い晩だったなぁ、、、
帰り道、つらつらと考えた。

たまたま煙草が吸いたかったアデューの通り道、
カウンターに置いてあるマルボロが目に留まり、
そのマルボロがたまたま自分のであって、、、

でも、アデューは煙草だけ持ち去っていくような娼婦ではなく
煙草を貰った恩義?というか、お返しのお愛想をくれたたんだと理解した。

それがアデューと出会った、初めての日の出来事だ。


chapter 2は近日公開


スポンサーサイト

| 未分類 | 01:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スイミングプール

ルアンプラバン pool 480



これは昔行った、ラオスの山の中の盆地、、
その寺町にある小高い丘の上に建つホテルのプール。


どこだったかは、どんなとこだったかは忘れてしまったのに、
銀色と青に輝く水の感触だけが残る、、

そんなイメージで、引っ張り出してきた写真を加工してみた。
でもこの時は、肌寒くてプールには入らず、
雨に煙るプールをラウンジから眺めていた。
フランス人のお年寄りの団体が賑やかだったのを憶えてる。





以下は HAPPYLIGHT BLOG に以前書いた記事の転載です。
「 スイミングプール 」 の思い出を綴ったもの、、







加美尾花のバンコクベース。
ここから近隣の国や欧州に出撃するのだ。
まあ、たまには島に沈没しに・・・

ここはもう10年近く確保しているが、最初に探す物件の条件として、
プールがある事、綺麗なプールである事、プールサイドに緑が豊富な事、
プールが部屋から見える事、プールがプールが etc、、、だ。
それ以外は特になし。

予算と相談しながら、ほぼ一か月を要して探しあてたのが、ここ。
日にちも経ち、希望の物件は見つからないのでは、、、と
あきらめかけた頃、たまたま泊っていたホテルの眼下にここを見つけた。

大通りからず~っと奥に入った袋小路の最奥。
運河わきに建つ asian 60`s 建築のコンドミニアム。
ここは建築物としても非常に興味深いのだが、その話はまたの機会に。

しろくまは大のプール好きなのだ。
だからといってほとんど泳がないし、日焼けもキライ。
プールがそこにあり、かつ見えるという事が何よりも大事。

子供の頃近所にプールのある家があった。
生け垣から盗み見したその家の子供たちが遊ぶ姿。その憧れか?
それとも好きだったサンダーバード基地にあるプールが割れ、
そこから1号が「ゴオオ~」と発射される。その格好良いイメージか?
でも、何故これほどにプールへ熱い思いを抱かせるかといえば、
たぶん、、、若い頃に過ごしたリゾートでの記憶なのだろう。







あるときリゾートに長逗留した事があった。
朝食を済ますとやる事がないのでプールサイドへ。
3日、4日と過ごすうち、プールサイドにいる面子がおおむね同じ事に気づく。
そのうち国籍も年齢も性別も違う彼らもこちらに気づき
「Hi!」だの「Hola!」だの、声を掛けてくれるようになった。
何せ暇人のあつまりなのだから、おしゃべりするくらいで何する訳でない。
ただそこにいるだけ。

毎日顔を会わせてきた者同士、他所へ移動する奴、帰国する奴がいれば、
ささやかなパーティが始まる。
それは 「おれに一杯おごらせろ」 程度の極々さりげないものだが、、、
そして緩やかに面子が代わっていく。
これが一期一会の  「プールサイド ソサエティ」

「みんな~ 日本の若いのが明日帰るんだとよー」
しろくまが帰る時もささやかなパーティが催された。

その時味わったあまりに平和で穏やかな空気の記憶が、
しろくまをプールジャンキーにしたのだろう。



写真の大きな木はマンゴーの木。
季節になると大家さんからおすそわけを頂けるのだ。

| 未分類 | 16:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。