FC2ブログ

Nostalgic thing

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

事故ったカウンタック、、chapter 1

今まで人にした事のない話。
ありふれてる上、オチもないつまらない話だから。

せつない話、です。



シーナカリン



たしか80年代の始め頃の事。
ある国のBARで飲んでた。
そのバーは歓楽街の路地にある通りに面したオープンバーだ。

娼婦、酔客、ポン引き、乞食、大人、子供の各種物売り
街で働く人々、物見遊山の場違いな観光客、
雑多な人々がおのおのの理由で行き交っていた。


深夜、店のシャッターも降ろし始め、人も疎らになってきた頃、、


カウンターに置いたマルボーロに女の手が伸びて来た。
スラッとした細い指に、良く手入れがされた長い爪に赤いマニュキア。


娼婦が煙草をねだるのはここではありふれた事。
それを嫌がる客たちは煙草をポケットにしまい込んでいる。
僕ははそれをしなかった。
ひどいと箱ごと持ってかれたりした事もあったけど、
ねだられるのがイヤでしまい込むのも、何だか粋じゃない気がした。
そんなだからいいカモになっていた。


振り返って顔を見る。
ちょっとビックリした。
知った顔だったからだ。
知り合いでもないし、ましてや言葉を交わした事もない。

何故なら、彼女はこの街では指折り派手で目立っていたから。
ストリートを闊歩する姿や、「 らしい、」 科を作った立ち姿は
( 科を作る=なまめかしいしぐさをする )
映画のワンシーンの娼婦みたいだった。

連れだって歩くガタイのいい白人男の意気揚々とした顔ったらなかった。


彼女の分かりやすい突き抜けた感は、
娼婦だらけのこの街でもひと際目立っていた。







だから顔を見た瞬間、頭の中で 「 あっ!カウンタック 」 って思った。
頭に浮かんだのは他のどんな車種でもなく、「 カウンタック 」

それと同時にとても以外にも思った。
白人専門の彼女が、煙草をねだるにしても、
冴えない若い東洋人の僕に声を掛けるなんて
思ってもみなかったから。
でも目的は煙草だろうから、そのまま立ち去ると思った。


「 煙草もらうわ 」
と言って、手に取ったマルボロをくわえた彼女に
気圧された僕は、慌てて火を点けた。

すると以外な事に隣に腰をおろした。

あんた名前は? と聞かれ、彼女も名乗った。
仮にアデューとしよう。

大きな目に大きな黒目で僕の顔をしげしげ見つめる、アデュー。
強めにカールのかかった漆黒のロングヘアー。
褐色の肌に真っ赤なドレスを纏い、
ピンヒールを履いた彼女は
僕よりも遥かに背が高かった。

近くで見る彼女はやっぱりカウンタックだった。
スキなしだ。

流石、売れっ子なだけに立ち居振る舞いも洗練されていた。
無論上品というわけではないけど、
その圧倒的な派手さと隙の無さがネガティブな要素を
凌駕していると言えばいいのか。

半分も吸わずにマルボロは消され、
「 ありがと、また、、 」
と言って、唇の端だけに僅かな笑みを見せ、
通りに消えた。
ゴージャスな後ろ姿もやっぱりカウンタックだ、、なんて思いながら、
アデューを見送った。








今日は面白い晩だったなぁ、、、
帰り道、つらつらと考えた。

たまたま煙草が吸いたかったアデューの通り道、
カウンターに置いてあるマルボロが目に留まり、
そのマルボロがたまたま自分のであって、、、

でも、アデューは煙草だけ持ち去っていくような娼婦ではなく
煙草を貰った恩義?というか、お返しのお愛想をくれたたんだと理解した。

それがアデューと出会った、初めての日の出来事だ。


chapter 2は近日公開


スポンサーサイト

| 未分類 | 01:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://happychandelier.blog.fc2.com/tb.php/5-c14b2d43

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。